対談式Q&A

家庭教師をお願いするとどんな準備が必要になるの?

家庭教師と聞くと、お茶やお食事の用意とか、お掃除をしてお迎えしなければならないかとても気になりますが。
まったく必要ありませんよ。私共は生徒さんに勉強の仕方を教え、勉強のクセをつけ、学力を向上させることを仕事としております。その一方で、「ご家庭に負担をかけないこと」も重要な仕事と考えております。
お母様方の中には、お仕事のご都合で授業が終わるまでにご帰宅できない方もたくさんいらっしゃいます。我々はあくまでも「教育のプロ」としてお伺いするので、お客様ではありません。
そういったお気遣いはまったく必要ありませんよ。
家が狭くて、勉強するスペースが取れない場合、授業に支障が出ませんか?
私共は、まったく気になりませんよ。
実際にそういったご相談はよくいただきます。「下に小さい兄弟がたくさんいて、少しうるさいのですが」「団地に住んでいるのですが大丈夫でしょうか」とか。全然大丈夫です。
私も昔は、ファミレスなどで勉強していましたが、少しぐらいうるさくても、実際には少しざわざわした環境の方が集中できるような気さえします。でも「下の子が邪魔しちゃって、授業にならないかも」とおっしゃる家庭の場合、先生の自宅で授業するケースもあります。そういった場合にも別料金を頂いておりません。
ご相談いただければ前向きに対応いたします。
先生のご自宅を開放してまでニーズに合わせてもらえるのですね。
教室を御社で提供するという、いわば個人指導塾の業態に踏み込んでいながら、それでもなお家庭教師に特化するのはなぜですか。
大変シンプルな理由なのですが、私自身が家庭教師を得意としているからです。
私の母が教育熱心で、小学2年の時に2人の家庭教師をつけれられていました。学校の予習復習のため、大学生の先生と英会話の英国人教師です。今思えば超英才教育ですよね。英会話は小学6年まで習い、中学1年生から高校2年までは理系・文系担当が各1名ついていました。高校3年の時、生まれて初めてのアルバイトも、ご近所の男の子の家庭教師でした。
私は、ある意味で「家庭教師」においては超一流ですよ。もちろん生徒としてですが(笑)。何しろ小学2年生から高校2年生までのべ10年間の生徒生活です。経験が違いますから(笑)。
冗談はさておき、家庭教師があらゆる面で、塾より優れていると断言はできません。お互いに一長一短あると思います。しかし、「一人一人の生徒にとって一番落ち着く環境である自宅のデスクで完全なるプライベートレッスンを月間1万円にも満たない金額で受けられる」ということをぜひこの場を通して知っていただければ、と思います。
一緒に頑張りましょう!